雑記

もう間違えない!Wi-Fi通信帯の5GHzと次世代移動通信システム5G

5ghz 2.4ghz wifi

どうも、アプリエンジニアで、プログラミングスクール「テクテック」主催のクウルス(@Qoo_Rus)です。

先日放送されたフジテレビの番組がトンデモない間違いをしてしまっていたようです。

こういう時のネット民は容赦ないですよね。笑

だけど、ぺこぱの松陰寺さんならこう言うのでは?

「間違いは・・・ふるさとだ・・・」

「誰にでもある・・・」 

かくいう私も改めて、エンジニアとして技術的に正しい知識を確認しておかないといけないと思いまして、きちんと調べました。

まず、違いが全くわからない方は初心者の方はコチラの記事をご覧になってください。

  • 「2.4GHz(ギガヘルツ)」「5GHz(ギガヘルツ)」はWi-Fiの通信帯である
  • 「5G(ファイヴジー)」は「第5世代移動通信システム」である
  • 他にもテクノロジーに詳しくない人が間違えやすい用語がある

ということについて、しっかりまとめられています。

さて、今回の私の記事では、先に紹介した記事を補足していく形でいくつか関連する知識をお話していきたいなぁと。

クウルス
クウルス
最新の正しいテクノロジーの知識に触れて、少しずつ詳しくなっていきましょう!

「2.4GHz」と「5GHz」のメリット・デメリット

5GHzの方が数字が大きいので、強い通信帯なイメージがありますが、実際のところそれぞれのメリット・デメリットがあります。

2.4GHzは障害物に強いが電波干渉が起きやすい

2.4GHzは比較的壁や家具などの障害物があっても電波が届きやすいので、遠く離れていても安定した通信が可能です。

その一方でWi-Fi以外にも電子レンジなどの家電で使われる周波数帯なので、混雑してしまいがちになります。

5GHzは他の家電に干渉されにくいが、障害物に弱い

5GHzは2.4GHzとは逆の性質を持ちます。

障害物に弱くなってしまいますが、混雑が起きにくくなっているんです。

加えて、2.4GHzよりも高速な通信をしやすいので、もし障害物などがなければ5GHzを優先的に接続した方が安定しやすくなります。

「Wi-Fi 6E」で6GHz帯が使えるように

今年2020年の1月3日に新たに発表された「Wi-Fi 6E」という新規格では、2.4GHzと5GHzに加えて6GHzが使えるようになるそうです。

Wi-Fi 6E will use 6GHz spectrum, pending regulatory approval

(Wi-Fi 6Eは6GHzスペクトルを使用し、規制当局の承認待ち)

https://appleinsider.com/articles/20/01/03/wi-fi-6e-will-use-6ghz-spectrum-pending-regulatory-approval

クウルス
クウルス
5GHzよりも高速な通信が期待できますね

ARやVRへの活用に期待されている

これまでWi-Fi通信に使われている2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、6GHz帯を利用可能にすることで、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)などへの活用が期待されています。

クウルス
クウルス
お互いの電波を干渉しないように帯域を増やしていくみたい

AR(拡張現実)のイメージ

ARはAugumented Realityの略。

現実の世界の一部に仮想世界を反映させる技術です。

業界ではいつリリースされるのかに注目が集まっている「Apple AR Glasses(アップルARグラス)」がAR技術のこれからの良い例ですね。

VR(仮想現実)のイメージ

VRはVirtual Realityの略。

VRゲームが世に出てからしばらく立ちますが、その技術は日々進歩し続けています。

「Wi-Fi 6」は6GHz帯使えないのでややこしい

6という数字に注目してしまいがちなので、「Wi-Fi 6」の規格でも6GHzが使えるんじゃないかと勘違いしそうになりますが、違います。

  • 6GHzが使えるのは「Wi-Fi 6E」
  • 「Wi-Fi 6」は従来の2.4GHzと5GHzのみ

と言うことに注意しないといけませんね。

The Wi-Fi Alliance using “Wi-Fi 6E” as a name for wireless devices that can communicate within the 6Ghz band may introduce confusion to a naming system that was supposed to simplify matters for consumers.

(引用元: https://appleinsider.com/articles/20/01/03/wi-fi-6e-will-use-6ghz-spectrum-pending-regulatory-approval

(Google翻訳による和訳)

6Ghz帯域内で通信できるワイヤレスデバイスの名前として「Wi-Fi 6E」を使用するWi-Fi Allianceは、消費者の問題を簡素化することになっていたネーミングシステムに混乱を招く可能性があります。

クウルス
クウルス
ユーザーが混乱しないように命名していくのって難しいけど、できるだけ技術者には頑張って欲しい・・・

ややこしいIT用語の区別はしっかり

IT技術は日々進化し続けているので、どんな人でも受け入れることができる形で知識を共有することは難しいです。

しかし、実際に身近に使っているWi-Fiや通信技術を区別する用語はおさえておかないと、全くテクノロジーについていけなくなってしまうと思います。

クウルス
クウルス
ちょっとでも自分の知識が怪しいと思ったらすぐに調べる!
まとめ
  1. 5GHz(ギガヘルツ)はWi-Fiの通信帯
  2. 5G(ファイヴジー)は次世代移動通信システム
  3. 障害物なければ2.4GHzより5GHzの方が安定・高速
  4. AR、VRへの利用が期待される6GHzが「Wi-Fi 6E」に導入
プログラミングを学びたい方へ!

 

プログラミング100人指導

2020年1月から3月までの期間限定で

プログラミング指導を100人に行う企画をやっています!!

エンジニア/プログラミングスクール講師
クウルス
京都大学を中退してベンチャー企業の経営をしている26才エンジニア。 スポーツ動画分析アプリ「GENSEKI」の開発に取り組みながら、プログラミングスクール「TEKUtech(テクテック)」を主催。 趣味はゲーム(特に格闘ゲーム)と音楽(特にエレクトーンとゲーム音楽)で、そちらについてもブログをちょこちょこ。
\ Follow me /