ゲーム音楽

ワイルドアームズの音楽の生みの親!なるけみちこについて語る

ワイルドアームズ 音楽 なるけみちこ

どうも、作業中は基本的にゲーム音楽をずっと聴いている、ゲーム音楽大好きのクウルス(@Qoo_Rus)です。

皆さん、なるけみちこさんというゲーム音楽作曲家をご存知でしょうか?

まずは黙って聴いてみてください。

これはワイルドアームズというゲームのオープニングです。

この名曲「荒野の果てへ」をはじめ、ワイルドアームズの数々の曲を生み出したのが、なるけみちこさん。

クウルス
クウルス
めっちゃエモい・・・(‘ω’)(語彙力ない)

他にも様々なゲーム音楽の作編曲で活躍されています。

この記事では、

  • ワイルドアームズってどんなゲームなの?
  • なるけみちこさんってどんな人なの?
  • なるけみちこさんの楽曲をもっと知りたい!

という人に向けた形で、ゲーム音楽作曲家なるけみちこさんについて語っていこうと思います!

ワイルドアームズについて

 

記事冒頭で「ワイルドアームズ」について知っているかのような口をきいていましたが、実は私プレイしたことありません・・・(ごめんなさい)

なので、この記事執筆に当たってGoogle先生にワイルドアームズというゲームについて聞いていたのですが、アマゾンのリンクを踏むと・・・

created by Rinker
ソニー・コンピュータエンタテインメント

ワイルドアームズ 音楽 なるけみちこ

ぎゃああああ!!!プレミア価格だああああ!!!!

これは名作にちげえねえ!

それでは、どういったゲームなのかを簡潔にまとめていきましょう。

SCE三大RPGの一つ

ワイルドアームズ 音楽 なるけみちこ

プレイステーションで発売されたSCE(ソニー・コンピュータ・エンターテイメント)のRPG作品で、当時「SCE三大RPG」という売り文句だった三作品が

  • 「ワイルドアームズ」
  • 「ポポロクロイス物語」
  • 「アークザラッド」

でした。

created by Rinker
Spe ビジュアルワークス

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

私がこの中でプレイしたことのある作品は「ポポロクロイス物語」だけなのですが、「ポポロクロイス物語」はとっても心温まる感動RPGで、それと並んで評されるというだけで、私にとっては、いかに「ワイルドアームズ」が素晴らしいゲームなのか、うかがい知れます。

SFと西部劇を融合させた世界観

 

SFとファンタジーと西部劇を融合した世界観、「グッズ」と呼ばれるシステムを駆使して解く謎解きが特徴の王道RPGです。

先ほど紹介したオープニングムービーからだけでも、その世界観が伝わってくる絵・音楽ですよね。

シリーズを通じて、この世界観はずっと受け継がれていきます。

なるけみちこについて

それでは、なるけみちこさんは一体どんな人物なのかを紐解いていきましょう!

現在に至るまでの経歴

まずは簡単なプロフィールをご紹介。

生誕 1967年8月13日
出身地 日本・千葉県
職業 作詞家、作曲家、編曲家
ジャンル ゲームミュージョック
公式サイト http://www.sasakure.net/ (ささくれ砦)

音で綴られる“手紙”─。なるけみちこの音楽世界

http://www.2083.jp/contents/201308narukemichiko/

公式サイト「ささくれ砦」

http://www.sasakure.net/

wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%91%E3%81%BF%E3%81%A1%E3%81%93

学生時代をオルガン教室や鼓笛隊や吹奏楽部で過ごす

ワイルドアームズ 音楽 なるけみちこ

ここでのオルガン教室というのはおそらくエレクトーンのことだと思います。

子どもの頃から、様々な形で音楽に触れてこられたようです。

元々は楽器店での楽器販売やエレクトーンのデモ演奏が仕事

最初の仕事は、地元の楽器店だったそうです。

学生時代からいきなりゲーム音楽家への道を志しておられる訳ではなかったんですね。

クウルス
クウルス
それにしても、ゲーム音楽家の方々はエレクトーン出身者が多い印象なのですが、なるけさんもそうだったとは!

セガに勤めていたバンド仲間の影響でゲーム音楽業界へ

ワイルドアームズ 音楽 なるけみちこ

「もっと違う仕事をしたい」と思って、楽器店勤めのお仕事は辞められたそうです。

ただし、次の仕事は決まっていなかったようで・・・

辞めた次の日に、これからどうしようかなと思って求人募集雑誌を買ったら、日本テレネットというゲーム会社のサウンドプログラマー募集を見つけて即決応募したそうです。

楽器店勤め時代のバンド仲間に、S.S.T.BAND(※参考)の並木晃一さんがいらっしゃったとのこと。

「セガでゲーム音楽を作っている」

「曲を書き終えれば自由時間だから、そこでギターの練習をしている」

と聞いていて、「その仕事いいな!」と思っていたんだそうです。

S.S.T.BAND

1988年、セガのゲーム音楽を演奏するために結成された、世界初のゲームミュージック“ライブ”バンド。現在は「Blind Spot」として活動中。

BlindSpotのFacebookページ

ゲームデザイナー金子彰文と出会い、ワイルドアームズが生まれる

日本テレネットに入社し、そこから作曲家としてのキャリアがスタートしたそうです。

最初の仕事は「天使の詩」シリーズというRPGの音楽。

「天使の詩」には、「ワイルドアームズ」のゲームデザイナーである金子彰史さんも関わっていて、一緒に仕事をされていました。

その後金子さんが会社を辞め、その1年後になるけさんも会社を辞め、なるけさんはフリーで様々なお仕事をされていたそうです。

そんな時に、金子さんからなるけさんに久々の電話があったそうで

金子さん
金子さん
実は、メディアビジョンっていうゲーム会社を作ったんだ!これからRPGをまた作るから、なるけさん、音楽やって!

と直々の依頼を受けたそうです。

そのRPGこそ「ワイルドアームズ」

日本テレネットの会社員時代では、なるけさんの作る音楽は「ゲームっぽくない」と社内で言われることが多く、気に入ってもらえることがあまりなかったそうです。

そんな中、当時から金子さんだけはなるけさんの音楽を気に入っていたんだとか。

クウルス
クウルス
ゲームデザイナー金子彰文さんがいなかったら、今のなるけさんは無かったと言っても過言ではない人物だったんですね!

「スマブラX」での編曲

「大乱闘スマッシュブラザーズX」

私が中学生だった当時夢中になっていたゲームですが、このゲームの楽曲の編曲になるけさんも関わっておられました。

ゲーム音楽ファンの間で当時から「スマブラXに集まっているゲーム音楽家たちが豪華過ぎる!」と話題に。

スマブラX公式サイト「スマブラ拳」の記事

「音楽家たち」

https://www.smashbros.com/wii/jp/music/music01.html

その豪華な音楽家たちの曲たちの中でも一際人気を集めていたのがなるけさんの編曲した楽曲

  • 「ゼルダの伝説:時のオカリナメドレー」
  • 「スーパードンキーコング2:とげとげタルめいろ」

最新作である「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」でも、この2つの楽曲が収録されているので、是非ゲームで聴いてみてください!

クウルス
クウルス
私がなるけさんを知ったキッカケです!原曲とは全く違うテイストのアレンジになっていますが、それがいい!!!

現在の活動は?

今でも作曲家としてのお仕事を続けておられます。

様々なゲームの楽曲を手がけておられますが、私が好きなスマブラのみのお話をすると・・・

最新作のスマブラSPでも編曲を手がけておられます!

悪魔城ドラキュラシリーズの2曲をメドレーにしたアレンジ

またゲーム音楽関連のイベントでも、精力的に活動されています。

闘会議2015では「ワイルドアームズ」の名曲「世界にひとりぼっち」の生演奏をティンホイッスルで披露されるという出血大サービスも!

クウルス
クウルス
ワイルドアームズのこと知らなくても、ここまでのエピソードと音楽を知ると涙腺が・・・!

なるけみちこ の人物像を探る

数々の名曲を生み出してきた、なるけさんですが、その人物像を知るヒントについてご紹介していきたいと思います。

座右の銘

Don’t think, Feel! (考え込まずに素でやれ)

公式サイトに書かれていますし、Facebookのプロフィールにも書いておられました。

ブルース・リーを意識されているのかどうかはわかりませんが、理論よりも感性を大切にされているのかなぁと思うような座右の銘です。

慕っている人物は名音楽家の見良津健雄

公式サイト「ささくれ砦」のブログにて語られていました。

若くしてガンで亡くなられたのですが、当時はなるけさんにとってかなり大きなショックだったようです。

見良津健雄は僕の好きなゲーム「ジャンピングフラッシュ」シリーズの作曲を担当されていました!

今なら「ジャンピングフラッシュ」の1作目はPSクラシックに収録されているのでそれでプレイすることができますね。

ちなみに「ワイルドアームズ」の1作目も収録されていますよ!

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

クウルス
クウルス
シンプルでキャッチーな音楽だったので、かなりジャンピングフラッシュのゲームサウンドは好きでしたね!

ささくれ砦「見良津健雄さんのこと」

http://www.sasakure.net/?p=62

なるけみちこの作品紹介

2013年より自主制作CD「Feedback」シリーズなどを定期的にリリースされています!

Feedbackの最新作です。

Feedbackシリーズとはテイストが異なるSETTLE

「まあ、おちついて。」

そのほか様々な自主制作CDは「2083オンラインショップ」から購入することができます!

2083オンラインショップへ

クウルス
クウルス
様々なゲーム音楽イベントの物販コーナーで扱ってることもあるみたいなので、要チェック!

なるけみちこが顧問として出演するイベント「東京ゲームタクト2019」

さてさて、もうすぐ開催となるゲーム音楽フェスティバル

「東京ゲームタクト2019」

なんと、無料で入場できて、生のなるけみちこさんに会えるチャンスがあります!

詳しくはこちらの記事に書いていますので、是非ご覧ください!

東京ゲームタクト2019
【東京ゲームタクト2019】無料でも楽しめるゲーム音楽の一大イベント6/1(土),2(日)ゲーム音楽の祭典『東京ゲームタクト2019』はチケットをまだ買っていなくても大丈夫!まだ空席のあるプログラム、無料で入場・観覧が可能なプログラムもあります!さらに物販もあるので充実の2日間になること間違いなし!...

それではご覧いただき、ありがとうございました!