エンジニア

【わかりやすい指導とは】小学生にプログラミングを教えてみた感想

プログラミングスクール 小学生

どうも、アプリエンジニアで、プログラミングスクール「テクテック」を主宰しているクウルス(@Qoo_Rus)です。

現在2020年1月から3月の3ヶ月間、無料で100人にプログラミングを指導する企画を進行中です。

【3ヶ月で100人教える】期間限定無料プログラミング指導やります!京都のベンチャー企業でアプリエンジニアをやっているクウルスが、2020年4月からプログラミングスクールを開講するにあたって、1月から3月の期間限定で100人のエンジニア未経験者にプログラミングを無料で指導する企画を行います!...

教える相手は、プログラミングを覚えてエンジニアとして転職したい方、単純に興味がある方など、様々な方がいます。

本日も合計で3名の方を指導させていただいたのですが・・・

本日は今まで経験したことのないタイプの方がいました。

大人ではなく、小学生の指導です。

今までは大人に教える前提だったが故に、全く違うアプローチを求められました。

今日は、小学生にプログラミングを教える上で意識した2つのことについて振り返ってみようと思います。

クウルス
クウルス
プログラミングを指導する側に回る人に聞いて欲しいです

小学生にプログラミング指導する上で意識したこと

英語は必要以上に難しい単語を使わない

クラス名、変数名、メソッド名で意味が小学生にとってわかりづらい英語は避けました。

しかし、一切英語は排除するのは言語仕様上無理なので、絶対に意味をわかっておいた方がいいものは丁寧に解説、日常生活で出会いやすい英単語は残して、相手の知的好奇心をくすぐるように意識。

hand、name、などの英単語は知っていたら、ちょっと得意げになりますよね。

作るもののゴールを明確に

物事を教えるときの基本なのですが、まずは教える内容の到達点、ゴールを明確にしてあげることを特に意識しました。

小学生相手でなくても明確にすべきなのですが、いざ大人の理解力を排除した場合、特に意識せざるを得なくなり、だいぶ説明の順番を変えました。

結果として、今後の授業に向けての大きな改善の指針が見えてきている状態です。

できない人の目線にまで上手く下げる

今までの指導では、どうしても大人相手なので、

クウルス
クウルス
このくらいのことなら適当に伝えても、上手く理解してくれるだろう

と決めつけて指導してしまう部分が無意識に存在していました。

しかし、英語や中学以降の数学をほとんど知らない相手である小学生にまで目線を下げることで、たくさんの学びを得ることができたのです。

必要以上に難しい説明をしていなかっただろうか?

相手の理解度を正確に把握できていただろうか?

良き反省が生まれました。

大人からお子さんまで、誰でも無料でプログラミング教えます!

2020年3月いっぱいまで、プログラミング無料指導企画を続けています。

プログラミングに興味のある方なら、大人でも学生でも小学生のお子さんでも結構です。

ぜひ私のTwitterにまでお問い合わせください!

 

 

 

現役エンジニアの個別指導でスキルアップ!

京都を拠点に現役で活躍しているエンジニアのクウルスに、オンライン上で月額5,000円(税別)で相談し放題!

パソコンに関する学習の相談、ちょっとした疑問を解決するサポートをします!

まずはLINE公式アカウントを友だち登録して無料相談をお待ちしています!

詳細ページへLINE友だち登録

エンジニア/プログラミングスクール講師
クウルス
京都大学を中退してベンチャー企業の経営をしている26才エンジニア。 スポーツ動画分析アプリ「GENSEKI」の開発に取り組みながら、プログラミングスクール「TEKUtech(テクテック)」を主催。 趣味はゲーム(特に格闘ゲーム)と音楽(特にエレクトーンとゲーム音楽)で、そちらについてもブログをちょこちょこ。
\ Follow me /